為替レートと円高円安

一見すると、為替レートは日常生活と関わりがないようにも見えますが、そんなことはありません。為替レートをどう読み取ればいいかを知ることで、世界経済の一端を知ることができます。為替レートといえば、まず思いつくのは円高や円安です。円高、円安がどういったものか知っていれば、日常の消費活動にそれを反映させることができます。円高とは日本円の価値が高まっていること、円安は日本円の価値が低くなっていることで、どちらも一長一短あります。為替レートがますます円高に動いているという報道もあります。1ドル=100円の為替レートが1ドル=101円になることが円安であり、1ドル=99円になることを円高に推移したといいます。100円から98円になり、数字が減った状況を円高というのですから、ピンとこない人もいます。100ドルの靴を購入したいというケースを想定してみましょう。1ドル100円の場合、日本円で1万円を支払うことでこの靴を購入できるわけです。もしも1ドル10円になれば、日本円で必要な金額は10,100円です。つまり円が弱くなったため、より多くの円を出さなければいけないのです。円高、円安はドルを基準にした為替レートの単純比較ではなく、円という貨幣に対する価値が高くなりすぎることを指します。円が強くなれば、より少額でドルを購入できます。日本円への需用が高くなり、価値が上がっていると円高といいます。現在、各国の景気がどのような変化の時ほ迎えているかを知ることで、為替レートを利用した消費活動ができるようになります。

外国為替市場は世界のあらゆる場所にあり眠らない市場といわれていますが、具体的な取引時間はどうなっているのでしょうか。平日であれば必ずどこかの市場が開いていますが、一口に開いているといっても取引量には波があります。各国の市場はその国の時間に応じて開き、閉じています。時差によって開く時間帯に差があるため、どこかが閉じている時はどこかが開いています。また、市場には夏時間と冬時間が設定されています。夏時間は月曜午前5時から土曜午前6時までが取引時間です。冬はそれぞれ1時間遅くなるという仕組みです。ウェリントン、シドニー、東京、香港・シンガポール、フランクフルト、ロンドン、ニューヨークの順に開始されます。外国為替市場には毎年季節別の要因もあります。取り引きの活発な月や特色があるので把握しておくと良いかもしれません。ヨーロッパやアメリカの企業は1月から2月にかけて取引が多くなることがあります。春先の4月と5月は東京市場の動きが盛んです。新年度が始まり、ゴールデンウィークなどもあるためです。逆に、8月のお盆時期には取引量が減る傾向があります。外国為替市場は時間帯や季節別の要因などさまざまなことを総合的に判断する必要があるといえるでしょう。ハローストレージ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です